FC2ブログ

ずるムービー

ずるムービー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ずるムービー14 劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

 ピカチュウのなつやすみとミュウツーの逆襲の温度差は砂漠の昼夜と同じ。

~主なデータ~
 題名      : 『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』
 同時上映作品: 『ピカチュウのなつやすみ』
 出演      : ピカチュウ、ミュウツー、小林幸子

~感想~
 子供の頃にそれほどポケモンを見ていたわけではなく、映画も見たことはありませんでした。
 それでもポリゴン事件の回は見てましたけれど。

 ニコニコのいろいろなポケモン関連動画を見てしまっている後なので、つい見方が変な方向に走ってしまうのは仕方のないところ。
 簡単なところで言えば、序盤にサトシのピカチュウとバトルしたゴローニャが、無効なはずの電気技(10万ボルト?)でやられるというのに突っ込んでしまうとか。
 もっとタイプ相性を考えてバトルすればいいのにやら。

 ミュウツーが作り出したコピーポケモンは、コピー元より強いと言うことは、レベルが高いのか、それとも個体値が高いのか、努力値が高いのかとかを考えてしまったり。
 厳選もしていないので、コピー(改造)で個体値6Vのポケモンを作り出しているのか!
 ミュウツーは改造厨か!とかになる。

 ※個体値、努力値、6Vとか分からないよゐこは、google先生に聞いてみよう!

 話は子供向けのポケモン最初の映画にしてはかなり重苦しいテーマ。
 (ミュウツーが)自分と言うものの存在意義・自分を生み出した人間への復讐という重いテーマを抱えた作品 by wikipedia となっている。
 コピーやらクローンについて考えさせられる話になっている。
 
 子供の時に見るとどういう感じがしたのかは気になるところ。
 アイツーがもうちょっと話に絡めばより深い話になった気がします。
 たしかにポケモンのゲーム知識から見たらアラはいろいろありますが、話の深さというか広がりでいうとアナと雪の女王より、こっちの方が深い気がするのは気のせいでしょうか。

 自分の感性が心配になってきた(2連続)

~印象に残ったずる場面~
 しゃべれないコピー版ニャース

~まとめ~
 なんのために生まれて なにをして生きるのか
 (略)
 愛と 勇気だけが ともだちさ
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ずるムービー13 アナと雪の女王

 約5年ぶりの映画レビュー・・・5年!!!
 これまでディズニーをちゃんと見たことがあったのだろうか。

~主なデータ~
 題名:『アナと雪の女王』(原題:Frozen) -2013-
 制作:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズ
 吹替:神田沙也、松たか子

~感想~
 レリゴーで2014年だいぶ話題になり、紅白にも登場していていたこの映画。
 曲は結構いろんなところで聞いていました。

 あ、これはこんな場面で歌われている曲か!とか
 いろんなアレンジがあるんやなぁとか
 今までにない変な楽しみ方ができたのはこれだけの話題性のおかげ。

 個人的にミュージカルがハマる確率が低いので、そこはちょっと心配な点ではありました。
 ちなみにハマった例を言うと、昔のドラマ「僕の魔法使い」の最終回とかで出てきたミュージカルとか。誰もわからんか。
 そんなミュージカル部分は以外とスッキリ自然に見れました。

 話はのっけから怒濤の超展開。
 ダブルヒロインの子供時代から十数年を一気にドドンパ。
 この怒濤の超展開はドラクエ5以上。
 魔法であーだこーだなったり、超絶引きこもり生活もふわっとなったり、両親がほぼ一コマで亡くなって一気に成人。

 うまれーてーはーじめーてー
 という開放感の歌をこの話の流れの中で聞くと、より生まれて初めて感がありました。
 ただやっぱりそこまでの超展開で、あまり深い引きこもり感がない分うすく感じてしまったのは100分の映画の中ではしょうがないのでしょうか。

 ちょっとこの映画レビューをどんな感じで書いていたか全く忘れてよく分かりません。

 ウェーゼルトン公爵という薄~い存在感の悪役。
 何の前触れもなく?(たぶん) 突然豹変するハンスさん。
 すぐに人をスキになるアナさん。2回目もすぐやん!

 日本のみならず世界で話題となった作品。
 そんな感じはあったような、なかったような。
 自分の感性が心配になってきた。

~印象に残ったずる場面~
 あああああああああああああああああああああ、ない!

~まとめ~
 May J. さんは悪くない
 英語版の劇中の歌と人を変えるという趣旨を生かしていない制作側が悪い気がする

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

서울여행 2011

처음은 하나의 인사말이었어요.
"안녕하세요"라고 하는 짧은 메시지이었지만,
그때 저는 이 간단한 말도 읽을 수 없었었어요.
번역 사이트에서 보면, 저도 알고 있는 한국의 유명한 인사이었어요.

그 후 간단한 메시지의 교환이 시작했지만, 외국의 말도 통하지 않는 사람과의 교류는 매우 자극적이어서 즐거웠어요.

그리고 한국어의 공부를 시작하고, 검정시험을 봤어요.
지금까지 공부한 외국어는 학교에서 배운 영어이었지만, 매우 싫었어요.
한국어도 어렵지만,
공부하는 동안에 한국인들과의 회화가 서서히 알게 되는 것이 매우 즐거웠어요.
공부가 즐겁다고 생각한 것은 오래간만이었어요.

7월에는 한국에서 일본에 놀러 온 친구와 만날 수 있었어요.
매우 일본어 솜씨 있는 분에서,
그 때에 처음 한국어를 회화를 한 저는 매우 도움이 됩니다.
그러나, 문자와 달라 회화는 매우 어려워서, 너무 폐를 끼쳐버렸어요.

그리고 이번 한국여행.
그다지 회화는 잘하지 않은 채의 여행이었지만,
친구들 위시하여, 한국사람들에게 매우 도움을 받아, 매우 즐거웠어요.

3년전에도 여행했어요.
그 때는 단순히 관광이었지만,
이번은 한국어를 공부하고, 씌어져 있는 한글의 문자를 읽을 수 있고,
한국인들과 조금만으로도 한국어로 회화하는 것은 매우 자극적이어서 재미있었어요.

한국어를 아직 할 수 없고, 잘 감사의 기분을 전해지지 않습니다만,
정말로 여러분에게 매우 감사하고 있습니다.
또 한국이나 일본, 세계의 어디에서도 잘 부탁합니다.

이제부터 추워집니다만, 감기 조심하세요!
안녕!

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

travel | コメント:2 | トラックバック:0 |

ずるムービー12 カーテンコール

 ネタバレは気にしてるような気にしてないような。

~主なデータ~
 題名:『カーテンコール』 -2005-
 監督:佐々部清
 CAST:伊藤歩、藤井隆、鶴田真由、奥貫薫、藤村志保他

~感想~
 雑誌編集者の主人公がありがちに左遷させられるという安っぽい感じで始まりました。
 転勤先で昔の映画館の幕間芸人について取材することから、話は進んでいきます。

 幕間芸人についての映画かと思っていたら、幕間芸人安川修平(藤井隆)の誕生から人気になり、映画館の活気が消えていくとともに解雇されるまで話がたんたんと進んでいきます。
 幕間芸人エピソードでいろいろあると思っていたので、ちょっと拍子抜け。残りの時間どうするんだ?っていう展開になりました。

 そこからは安川修平のその後やら現在やら、在日の問題とかいろいろテーマが飛び飛び。
 まとめると人と人のつながりなんでしょうか。
 印象としてはもっと絞ったりしたら良かったんじゃないかとも。それか一つ一つのつなぎ方にうまさがもっとあったらテーマの飛び飛び感はなかったかもしれません。
 最後の方は突っ込み要素満載だったけど、もう微笑むしかない感じ。

 ストーリー全体としてはそんな感じだったけど、切り取った場面場面ではいろいろと。
 関係ないかもしれないけど、昔の写真とか映画フィルムとかは時代を超えて残っていて、昔を思い返すツールとして存在感があります。
 でも今の溢れかえるデジタルデータは、未来にどう残っていくのだろうかと。
 なんか実際の物の方が強く残るような気がしてしまいます。

 この映画でも「いつでも夢を」という音楽によって引き締められてました。
 音楽の強さをまた見た気がします。
 ちなみにエンディングで流れてる曲が、のんびり版パワプロ音楽に聞こえました。

 それにしても主人公は普通だったなぁ。
 最後に、安川修平さんの変わらない笑顔はよかったと思います。

~印象に残ったずる場面~
 タクシー運転手に言いたい。「またお前か!」

~まとめ~
 人の絆と笑顔の大切さ。それだけわかればいいんじゃないか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。