FC2ブログ

ずるムービー

ずるムービー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ずるムービー14 劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

 ピカチュウのなつやすみとミュウツーの逆襲の温度差は砂漠の昼夜と同じ。

~主なデータ~
 題名      : 『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』
 同時上映作品: 『ピカチュウのなつやすみ』
 出演      : ピカチュウ、ミュウツー、小林幸子

~感想~
 子供の頃にそれほどポケモンを見ていたわけではなく、映画も見たことはありませんでした。
 それでもポリゴン事件の回は見てましたけれど。

 ニコニコのいろいろなポケモン関連動画を見てしまっている後なので、つい見方が変な方向に走ってしまうのは仕方のないところ。
 簡単なところで言えば、序盤にサトシのピカチュウとバトルしたゴローニャが、無効なはずの電気技(10万ボルト?)でやられるというのに突っ込んでしまうとか。
 もっとタイプ相性を考えてバトルすればいいのにやら。

 ミュウツーが作り出したコピーポケモンは、コピー元より強いと言うことは、レベルが高いのか、それとも個体値が高いのか、努力値が高いのかとかを考えてしまったり。
 厳選もしていないので、コピー(改造)で個体値6Vのポケモンを作り出しているのか!
 ミュウツーは改造厨か!とかになる。

 ※個体値、努力値、6Vとか分からないよゐこは、google先生に聞いてみよう!

 話は子供向けのポケモン最初の映画にしてはかなり重苦しいテーマ。
 (ミュウツーが)自分と言うものの存在意義・自分を生み出した人間への復讐という重いテーマを抱えた作品 by wikipedia となっている。
 コピーやらクローンについて考えさせられる話になっている。
 
 子供の時に見るとどういう感じがしたのかは気になるところ。
 アイツーがもうちょっと話に絡めばより深い話になった気がします。
 たしかにポケモンのゲーム知識から見たらアラはいろいろありますが、話の深さというか広がりでいうとアナと雪の女王より、こっちの方が深い気がするのは気のせいでしょうか。

 自分の感性が心配になってきた(2連続)

~印象に残ったずる場面~
 しゃべれないコピー版ニャース

~まとめ~
 なんのために生まれて なにをして生きるのか
 (略)
 愛と 勇気だけが ともだちさ
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。