FC2ブログ

ずるムービー

ずるムービー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ずるムービー10 めがね

 記念すべき10作品目。意外と早く今年の目標達成!
 メガネを愛するものとしては、見なければならない一本だったので。

~主なデータ~
 題名:『めがね』 -2007-
 監督:荻上直子
 CAST:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ他

~感想~
 見る前は都会の生活に疲れた人が、ゆったりとした時間の流れる場所にやってきて人生を見つめ直したり、生きる意味を見つけていく!見たいなありがちな展開を想像してました。

 でも、これは本当なにもない映画です。えー、いい意味で。
 小林聡美が主演なんだけど、なにをやってる人なのかとか、名前さえも出てきたのかどうかぐらい説明はなく。ただそこにある雰囲気をのんびり見つめ、楽しむ映画でした。

 ただこれは見る人というか、タイミングを選ぶ映画だなぁとも。
 楽しい気分の時に聞きたい音楽とか、しっとりしたい曲に聞きたい音楽とかあると思うんですけど。この映画は見る人の状況によっては、どうでもいい映画になるかもなぁと。

 どういう状況の時に見ればいいかと言われてもそれはわかりません。
 それは一旦立ち止まりたい人かもしれないし、世間の波に追われてる人かもしれないし、のんびりしててこれから何かやろうかーという人かも知れない。

 説明がほとんどない映画で、もしかしたら色々暗示されていたり、隠された意味とかがあるのかもしれません。でもそんなことは不思議と一切考えず、ぼーっと見ました。
 個人的にはその方がいいと思いますよ。
 どーでもいいでしょそんなことって感じです。

 もう少しメガネの素敵なお姉さんがいて欲しかった・・・。
 そしてメガネは正直関係ない気がする。
 最後にそれっぽいシーンあるけど、無理矢理入れた感があるし。

~印象に残ったずる場面~
 梅干しってすっぱそうだなぁ。

~まとめ~
 まとめる必要がない。(別に思いつかなかった訳じゃないですよー)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ずるムービー11 俺たちに明日はない | ホーム | ずるムービー9 シザーハンズ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。