FC2ブログ

ずるムービー

ずるムービー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ずるムービー5 ショーシャンクの空に

 名作って言われるとハードルが高くなってしまうんだろうか・・・。

~主なデータ~
 題名:『ショーシャンクの空に』 -1994-
 監督:フランク・ダラボン
 原作:スティーブン・キング
 CAST:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン他

~感想~
 スティーブン・キングの作品はグリーンマイルを読んだことがあります。確かあれも刑務所を舞台にした作品だったような。
 昔、新潮文庫のキャンペーンで一冊に一つ付いてる応募マークを集めてました。
 そんな中、古本屋で6冊セットで安く売っているグリーンマイルを見て、やべー!一気に応募マークが6枚も集まる!という不純な動機で購入した小説です。
 ここまで関係ない話。

 無実の罪で刑務所に入れられた主人公アンディが、その中の友人と交流しながら希望を持ち続けるという話です。
 舞台が刑務所だし、起こる内容も暗い出来事が多いのですが、とても爽やかさを忘れないストーリーでした。その爽やかさはアンディの持つ希望や、親友レッドたちとの素敵なやりとりから生み出されてるのでしょう。

 細かいところに突っ込んでしまうような話のあいまいさもなく(突っ込んだら心が狭いと思われるみたいな)、心にスッと入ってきて話が進んでいきました。
 最初から最後まで、万人に愛されるような展開だったのは確かです。

 これはTSUTAYAの名作コーナーの一位に置かれていました。
 心に残る映画とかのランキングにも上位に入るのでしょう。
 でも、自分は一位になるような特別な感動はなかったです。
 確かにいい話だとは思ったんですが、見るタイミングが悪かったのか、寝起きで見たのが悪かったのか、普通でした。これだけ世間と違うと人として変なのかと思ってしまいますねぇ。

 1位かぁ。いや、良い作品とは思うんですけど・・・。
 やっぱり2時間は短いってのもある。

~印象に残ったずる場面~
 全体としてよかった。特にはないかなぁ。

~まとめ~
 大学の地質の授業を思い出した。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ずるムービー6 パッチギ! | ホーム | ずるムービー4 銀色のシーズン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。